障害福祉事業所の空き情報を簡単検索 り・さーち福祉

障害福祉事業所の空き情報を他人任せにしていませんか?

空き情報

障害福祉サービス事業所の管理者様へ

 居宅介護や生活介護、共同生活援助、就労継続A型など全29種類もある障害者サービス事業。そのほぼ全ての事業には、利用できる人数に「定員」があります。その定員を超えての利用は原則推奨されていません。

 そして利用している人数によって事業所の運営に影響があるのも事実です。管理者様なら、できるだけ定員ピッタリの人に利用してほしいという思いがあるはずです。

 にもかかわらず
 ご自分の事業所に「空き」ができた時、その情報は誰に伝えていますか?
 それは「情報を本当に必要としている人」に伝わっていますか?
 もし本当に必要な人に伝わっていないのなら、もうそれだけでチャンスを捨てていると言っても過言ではありません。

本当に「空き」情報が必要な人は誰か?

 ご自分の事業所に「空き」ができた時、関係がある相談センターや役所、病院の担当者様に情報を伝える事がほとんどだと思います。
 もちろん、この方法でも問題は無いでしょう。
 その担当者様が利用者に最も最適だと思われる事業所様を紹介するはずです。

 しかし、その担当者様も人間です。
 せっかくお伝えした「空き」情報をスッカリ忘れてしまっているかもしれません。
 別の事業所にも電話をかけまくり、その瞬間で「空いている」と言われた事業所様を紹介するかもしれません。

 そうならないように
 担当者様は大切な「空き」情報をメモなどを使って忘れないように対策していると思います。
 が、いかんせん情報の多さに追いつけないのが現状ではないでしょうか?

 ザッと各都道府県の事業所数を調べてみると、少ない県で2,000件前後、多い県では10,000件以上の事業所様が存在しています。
 その中で、すべての事業所の「空き」情報を把握するのは「ほぼ不可能」です。
 こんな状態でも、ご自分の事業所のことだけを考えてくれる担当者様が存在するでしょうか?
 「いやいや、そんなことないよ。あの担当者様とは長い付き合いだから優先的に考慮してくれるはずだ」という思いもあるでしょう。

 しかし
 もし担当者様が何らかの理由であなたの担当を外れたらどうしますか?
 もしかしたら別の部や課へ移動になるかもしれません。
 ある日突然の病気で退職してしまうかもしれません。
 次に来た新しい担当者様は、はたして自分の事業所を優先的に考えてくれるでしょうか?

 次の担当者様も同じ場面になったら、とりあえず電話をかけまくり、その時に運良く「空いてます」と言われた事業所様を中心に考えていくのではないでしょうか?

 本当に事業所を利用したいと思っている人、実際に事業所を利用する人は、まぎれもなく「利用者様本人」です。
 そして、ぜひ利用してもらいたいと願っている利用者様の「ご家族様」です。
 つまり、利用者様本人とそのご家族様に最新の「空き」情報が届かなければ意味がないのです。

 とはいえ、利用者様本人やそのご家族様にどうやって伝えるのか?
 ご自分の友人や知人なら簡単に伝えることができますが、他人様のご家庭に入り込まない風習になりつつある現代では、隣人が困っていることすら知らないことがほとんどです。

 そもそも、利用者様本人とそのご家族様はこう思っていることがほとんどです。

・どこに聞けばよいのか?
・どうやって調べればよいのか?
・どこに電話すればよいのか?

 これの答えをはじめから知っている人は皆無です。
 少ない情報の中、利用者様やご家族様ができることと言えば
 とりあえず思い当たるところに電話してみる ということだけです。

 初めてのところに電話するのは不安ですよね?
 どう話をすればよいのか検討もつかないほどに。
 そして、意を決して電話しても良い返答が得られないことも多く、別のところに電話をすることを数回繰り返し、結局たらい回しにされている利用者様やご家族様もとても多いです。

 残念ですが、これが現実です。

「空き」情報を簡単に探せることができれば!

 もしたくさん存在する「空き」情報をまとめて簡単に検索できるツールがあれば、上記のような「空き」情報を必要としている人たちを救うことができます。
 そこで、このような問題を解決できる検索サイトを開発しました。

 それが「り・さーち福祉」です。

 

「り・さーち福祉」で出来ること

こんなことができます!

・簡単な操作でスグに空いている事業所様を発見できる
・スマホ・パソコンがあれば検索可能
・利用者様・ご家族様だけでなく役所や病院の担当者様など誰でも探すことができる
・記載されている「空き」情報が常に最新なので探す人の二度手間にならない
・ご自分の近所だけでなく違うエリアの情報も検索できる
・「空き」がある事業所様だけをピックアップすることができる
・発見した事業所様の詳しい情報も確認できる
・時間に縛られず24時間いつでも検索できる

 「り・さーち福祉」には上記のような特徴があります。
 利用者様本人やご家族様がこの「り・さーち福祉」を使えば、電話をかける必要もなく、好きな時間に好きなだけ事業所様を探すことができ、その時の「空き」情報をスグに確認することができるので、次の行動に移りやすくなります。

 もちろん
 役所の担当様や病院のケースワーカー様、相談支援センターの担当者様など、パソコンやスマホがあれば誰でも利用できるので、スムーズに最適な事業所様を探し出すことができるでしょう。
 現在「空き」がある事業所がスグに見つかるのですから、その事業所に連絡するだけです。

 り・さーち福祉を使えば「空いてませんので他を当たってください」と言われることはなくなります。

管理者様がこのサイトに「空き」情報を掲載すると

管理者様のメリット

・「空き」ができてもその情報をあちらこちらに連絡する必要がない
・大切な「空き」情報が他の情報に埋もれる心配がない
・本当に必要な人に「空き」情報が届けられる
・本当に必要な人から直接の問い合わせが来るようになる
・電話をとって連絡する必要が無いので管理者様はその時間を別なことに使える
・最新の情報をスグに載せることができるので遅延がない
・「空き」の有無を簡単にたくさんの人に告知することができる
・「空き」情報以外の事業所の様々な情報も載せることができる

 管理者様は空き情報を適切な形で外部に発信できる ので、そのまま放ったらかしにしていても問題はありません。
 「り・さーち福祉」があなたに代わって24時間ずっと「空き」情報を発信し続けます。
  「あと1人分が空いているけど早く誰か利用してくれないかな…」 と頭を悩ませてあちらこちらに電話する手間もなくなります。
 もちろん情報はいつでも変更することができるので、効率よく定員数を管理することができます。

 なんと言っても最大の利点は
 本当に必要な人に本当に必要な情報がダイレクトに届けられる 
 ということ。

 伝言ゲームのように途中で情報の中身が変わってしまうことはありません。
 そのためにこの「り・さーち福祉」という検索ツールがあると言っても良いでしょう。

「り・さーち福祉」は誰でも簡単に検索ができる!

「り・さーち福祉」の特徴

・難しい操作は必要なくクリックだけで使うことができる
・希望の条件を選んで検索ボタンを押すだけ
・条件に合う事業所様が一覧表になって表示される
・「空き有り」を選べば、空きがある事業所様だけが表示される
・その一覧表を項目ごとに並び替えることができる
・一覧表の中から気になった事業所様の詳しい情報を見ることができる
・誰でも好きなだけ何回でも条件を変えて検索できる

 「り・さーち福祉」は可能な限り簡単な操作で空き情報を検索できるように工夫してあります。
 情報を求めるのに難しい操作は邪魔なだけです。
 できるだけスムーズにすばやく検索できることは「本当に情報が必要な人 」が求めていることです。

 この「り・さーち福祉」にご自分の事業所の情報を載せれば、一瞬で全国の多くの人にその情報が届きます。
 そして、今までなかなかたどり着けなかった「本当の利用者」に迅速に伝えることが出来るようになるのです。

 あなたの事業所の大切な「空き情報」を「り・さーち福祉」に掲載してみませんか?

 

 

 

関連情報

  1. 障害福祉サービスとは?

  2. 障害年金と生活保護費は両方キッチリもらえる?

  3. 事業所の空き情報を「いつもの人」だけに伝えると・・・

  4. 障害者手帳の更新はいつから可能ですか?

  5. 障害福祉事業所を利用するには?

  6. 実際に利用するまでの道のり – 共同生活援助の例

  7. 障害福祉サービス受給者証とは?

  8. サイト比較

    障害福祉サービス事業所の検索サイトを比較してみた結果!

  9. 障害福祉サービス受給者証の更新はいつからできますか?

  10. 「り・さーち福祉」で空き情報の流れがこう変わる!

  11. り・さーち福祉

    障害福祉事業所の空き情報を簡単に探せるサイト

◆ 空き情報掲載中!

◆ 事業所登録

現在、登録事業所様を募集中!
まだまだ情報量が足りません…
情報を求める利用者様が
あなたの事業所を探せるように
ぜひご登録をお願いします!

◆ Pick up!

◆ Facebook

テキストのコピーはできません。